ブログで人柄をわかってもらおう

 

こんにちは。SACHIです☆

 

今日は、ブログで人柄をわかってもらう記事の作り方について勉強したことを

 

 

アウトプットしますね。

 

 

等身大の自分のブログの大切さを学ぶ

目次

1)コンテンツマーケティンについて理解する

2)プラスの感情で自分を満たし、背伸びをしない

3)こだわり続ける(自分に集中)

4)マズローの法則

5)まとめ

 

 

1)コンテンツマーケティングについて理解する

コンテンツマーケティングとは、コンテンツ(中身)を、マーケティング(価値のある商品を提供する)こと

 

 

その「中身」について理解をしてもらう手法をブログで行う。

 

 

そのとき、どうやって価値を提供するところまでもっていくか?

 

 

ブログの管理者を理解してもらう。そして、サービスがどんなものなのか知ってもらう。

 

 

レストランでいうメニューをブログという手法なのですなぁ。

 

 

(ちなみに、お師匠さんは、このことを恋愛に例えてくれて♡女子力感じる)

 

 

私なりに、わかりやすくレストランに例えてみたよ。

 

こんな店あった?

おいしそうやん???

食べてみたら、好み

今度ママ友にも教えてあげたいくらい好き

やっぱり、居心地もいいし、好みだし、またこよう

常連さんになる

 

っていう、常連さんをつくりたーーーいって思ったわけですよぉ♡

 

だから、私が好きなお店や、お菓子、お酒、趣味、やってきた体験談、解決も失敗も

 

 

ひとつひとつブログとして、1記事が子供みたいに愛情こめていくことが

 

 

私というレストランのブログとしてメニューがつくられていくのです。

(注意:食欲旺盛キャラではありません)

 

 

2)プラスの感情で自分を満たし、背伸びをしない

しかーし、うまくいかないこともある。

 

登坂や下り坂。

 

でも、3か月先の自分を想像して、サービス考えたらわくわくしちゃう♡

 

その時の私だったら、この壁どうやって乗り越えるんだろう。って

 

想像していく。。。。

 

そして、困ったとき、仲間にも助けを求める!

 

 

「こんなサービスどう思う?」的なかんじ♪

 

 

仲間っていいなぁって本当に思いますのよ。

 

 

例えばね、時間がなくても、みんなも戦ってたのだね( ;∀;)って思うと

 

 

私もがんばんなきゃ!って高めあえるし、

 

 

ブログの記事で、どう感じたか。感覚や印象って自分じゃわからないことが多いけど

 

 

コメントかいてくれて、どこが欠点だったか知らせてくれる。

 

 

もちろん、お師匠さんからの赤ペンチェックも入るので、気が引き締まりまっす!

 

 

3)こだわり続ける(自分に集中)

 

「にゃうーーーーーーん」と悩む悩む妄想する。

 

 

そうやって、想像して、創造する。

 

 

できることに着眼点しつづける。

 

 

いつも、ブログの先に居る人の問題を解決することを意識して

 

 

時々、私ってこんな人なのよ。おほほって記事ものせて

 

 

私カラーを私ショップに塗装するイメージで積み重ねていく。。。

 

 

4)マズローの法則

ってきいて、「あーはいはいあれね」って方はスルーしておくんなさいませ。

 

 

生きるための欲求が最初に満たされる

 

これを基本的欲求といいます

 

 

これが満たされたら、

 

 

仲良くなりたいなって仲間意識が芽生える

これが欠乏欲求です

 

 

ここまでが満たされたらやっと自分を表現したり挑戦しよう!となり

 

 

これを存在欲求といいます

 

 

5)まとめ

 

ブログは、子供のように、大切に育てていくこと!

 

決してあきらめない!

 

自分のお店を作り上げる気持ちで取り組めば大丈夫!

 

自分が満たされていなければ、他人を満たせないよ!

 

まずは、腹ごしらえからじゃ。。。。

 

 

ってことを学びました!いやぁ、ありがたやぁありがたやぁ

 

 

ここで、こんなにHAPPYな気持ちをいつ表現するの?

 

 

今でしょ!!!!!

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございました!!!

 

 

今日も、子供の笑顔て癒されるママに 愛をこめて💛

 

 

さち。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください