2017/05/03

甘えは子育ての通り道!私がしてきた成功談TOP4

 

こんにちは!SACHI ワーキングママです!

 

「家事」と「仕事」をこなして

 

 

時間に追われて

 

 

あれもしなきゃ

 

 

これもしなきゃ。と

 

 

おもっているときに

 

 

子供が甘えてくると

 

 

なかなか家事が進まなくて

 

 

イライライしてしまう。

 

 

子育てあるあるよね~~

 

甘えてきたイライラを解決するために

 

 

今日は、私がしてきたことをいくつか紹介してみますね。

 

 

☆目次☆
1.子供を褒める!

 

2.子供に自分の思っていることを伝えられるように促す

 

3.子供が安心できるお守りを用意する

 

4.子供の話を受け止める

 

5.まとめ

 

1.子供を褒める!

 

子供の存在そのものを褒める。

 

 

朝起きたら「ちゃんと起きてえらいね」

 

 

ご飯食べたら「ご飯、きちんと食べてえらいね」

 

 

保育園や幼稚園から帰ってきたら「今日も元気にいけてよかったね」

 

 

こんな風に褒める。

 

 

褒めることって成長とともに減ってきてないかな?

 

 

だってね、赤ちゃんの時って、

 

 

おっぱいのんだら「ミルクいっぱい飲んでえらいね」

 

 

ぐっすりねむったら「よく寝むれて良かったね~」

 

 

おむつかえるときは「いっぱい出たね~よかったね。」

 

 

と、自然と褒めてたんじゃないかな?

 

 

それが、成長とともに

 

 

できたことだけ褒めてしまう。

 

 

できること = 成功した結果のみ を求めてしまってない?

 

 

できるようになったこと として、誉めるではなく

 

 

存在そのものを、まるごと褒める!

 

 

「安心できる場所」として、あなたは子供に認めてもらえました。

 

 

だから甘えてくる子供は

 

 

あなたが、なにか達成したから甘えてくれたのかな?

 

 

ご飯つくってくれたから甘えた。

ではご飯手抜きしたら甘えなくなる?

 

 

洗濯ものを今日はきつくてお休みしたら?

 

 

掃除しなかった日は?

 

 

太ったら?

 

 

おしゃれしなかったら?

 

 

子供は、「ママきらい。そばにいたくない」っていってくる?

 

 

できない日があっても、ママのまるごと存在そのものを

 

 

「安心する場所」として甘えてくれるのが子供。

 

 

だったら、ママも。
まるごと存在そのものを褒めてあげましょ!

 

「かわいいねぇ~」

 

 

「生まれてきてくれてありがとう」

 

 

「だーいすきだよぉ~」

 

 

って、毎日言ってみてね!

 

2.自分の思っていることを伝えられるように促す

 

 

うまく言葉にできないと、子供もいらいらして、ものにあたったり、泣いたりする。

 

 

実は思ったことをうまく表現できないという悩み

 

 

大人でも抱えているくらいだから

 

 

子供がまだうまくできないのは当たり前。

 

 

だけど、ここを上手に育つことができれば、

 

 

自分の意見をしっかりいえる = 自分軸ができている証拠

 

 

「もし、ここができていなかったら、どんな大人になってしまうの?」

 

 

どうでもいいことをつらづら並べ

 

 

いろんな表現力があることを考えず

 

 

ストレートに言ってしまい

 

 

相手を傷つけてしまっても

 

 

想いを察してくれない、空気を読んでくれない相手が悪い

 

 

と、人のせいにして肝心のことが言葉にならない。

 

 

「めんどくさーい」人間になっちゃうよぉぉ(妖怪人間の歌にのせて♪)

 

 

を育てないためにも実践してほしいこと。

 

 

子供の意見を聞いてみる。

 

 

ママ「〇〇ちゃんは、どうしたいのかな?」

 

 

子供「だっこ~」

 

 

ママ「〇〇ちゃんはだっこしてほしいんだね。

 

 

ママは、ご飯を作らないといけないんだけど、抱っこしてるときは

 

 

作れないね。どうしよか?」

 

 

考え中 考え中 考え中 考え中

( ..)φうーんと。。。。

 

 

ここでは、大好きなママを困らせたくないことと

 

 

抱っこしてほしいこと。

 

 

悩んで答えを出そう!としていることが「エライ!」ので、

 

 

どんな答えをだしてもまず褒めよう!

 

 

それでだした答えが「ダッコ 」とかわいい顔されたら

 

 

もう抱っこするしかないよねぇ~(どんだけかわいいのぉ~)

 

 

ちなみに、私はそんなとき

 
「じゃあ、一度ギューするから2回目のギューは、

 

 

時計の針が6になったときにしようね。6になったら教えてくれる?」

 

 

と、提案してみたよ!コツは、ゲームっぽく説明するの。

 

 

すると、子供は抱っこしてもらいたいから時計みるよね?

 

 

その間、1品つくる!とか、下ごしらえだけでも終わらせる!とか、

 

 

風呂掃除終わらせる!とか、洗濯とりこむ!とか

 

 

しないといけないことを一つだけでいっか!と思うこと。

 

 

でももし、これができたら、次はレベルアップする。

 

 

「昨日はちゃんと6になって教えてくれて、お兄さん(お姉さん)になって

 

 

えらかったね。今日はレベルアップしてみよう。

 

 

次のギューの時計の針6までに、○○(例お片付け)してくれたらママうれしいな」

 

 

と、いってみる。

 

 

ここのPOINT!

 

 

してほしいことは、「ママがうれしいから」

 

 

と、ママの気持ちを意思表示して伝えること。

 

 

「おはし、とって」 → これは命令になっちゃう×

 

 

「どうして、とってくれないの?」 → 押しつけちゃう×

 

 

「おはし、とってくれたらママうれしいな」 → 自分の意志の伝え方

 

 

ママが意思表示方法を伝えることで、

 

 

子供も「ぼくが~する。私が~したい。なぜならわくわくするから。うれしいから」

 

 

と、表現できることがゴール。

 

 

自分軸を育ててる = 自分の意志で動く

 

 

他人のせいにしない考え方が身につくのだ!スバラシイ!

 

 

3.子供が安心できるお守りを用意する


さみしい → から甘えたい

 

 

という場合の方程式をなくしてしまうため

 

 

ママはいつも応援してるよ!

 

 

ママはいつも〇〇ちゃんの味方だよ!

 

 

想いだしてくれたら、〇〇ちゃんの心の中にいるってことだよ!

 

 

言葉にしたためて、お守りとして心で持ってもらう。

 

 

それだけで、保育園にいっても、ママが応援してくれてるって思うと

 

 

パワーアップ!した気になっちゃう!

 

 

兄弟姉妹の看病で、応援にいってあげられない行事。

 

 

そんなとき、とても効果を発揮。

 

 

「ママは、ぼく(私)を応援してくれてる」

 

 

そう思うと、いつもより力が発揮できた!と思えるものだし、

 

 

一人でがんばる!と大きく成長する日がやってくる。

 

 

私は、子供が幼稚園の時、

 

 

給食袋だったり、お箸入れだったり、カバンにキーホルダーつけたり

 

 

カバンに入れる作業のときに

 

 

「これにママの気持ちをぎゅって入れたよ。お守りね」

 

 

って言ってたのね。

 

 

そばにいるって安心感をもってもらいたくて。

 

 

「いつもそばで見守ってるよ」

 

 

そばにいけないときは、かわりにこのキーホルダーをそばに。。。

 

 

それが私たちのお守り定義。

 

 

すると、先日、子供と一緒にしおりを作ったり

 

 

体験会でガラス玉のストラップを作ったとき、

 

 

「これ、お守りなんだ~」といってるのみて。うふふってほほえましくなっちゃった。

 

 

毎日、自分の引き出しにしまっておりますけどね(笑)

 

 

あれ?そばにいて、見守るっていう

 

 

お守りの定義っちゃなんやろか?ってのは、とりあえずここは置いとくよWWW

 

 

だってさ、子供がご機嫌ならさ。いいのいいの

 

 

こうやって強い心が育っていくのだなぁって、ほのぼの~な気持ちになったよ

 

 

 

4.子供の話を受け止める

 

 

とにかく、子供の話をきいてあげる。

 

 

何はなしてるのか、とんちんかん

 

 

だったりするのね

 

 

脈略なかったり、なんの話か分からなかったり。

 

 

でも、この方法を使ってほしい!

 

 

だって子供が大きくなったって使えるっちゃもん!

 

 

ザ・必殺技!その名も

 

 

「オウム返し」

 

 

使い方その1

 

 

子供「今日〇〇だったんだ~」

 

 

ママ「今日は〇〇だったんだねぇ~」

 

 

使い方その2

 

 

子供「みてみて△だよ」

 

 

ママ「ほんとだ!△だね」

 

 

など、語尾に

 

 

~なの?

 

 

~だね。

 

 

~!!

 

 

つけるだけ。

 

 

必殺技とか、さも技っぽくいいましたが。

 

 

だってさあ、ママだって疲れているときあるじゃない?

 

 

きちんときけないときもある。

 

 

内容が???ってこともある。

 

 

話したいだけ。ただ聞いてほしい。そしたら、スッキリする!っていうなら

 

 

オウム返しでもいいじゃない?

 

 

ホントにでも、なんでも使えるのよぉ。

 

 

例えば、子供が「暑い」

 

 

といったら、どうします?

 

 

ママ「脱いだらどう?」 → ×間違い
カンニングペーパーを差し出すママタイプ。

 

 

正解は

 

 

ママ「暑いね。じゃあどうする?」なのです。

 

 

子供が自分の意志で行動できるようにもなるため。

 

 

ついつい、出すぎて対応しちゃいがちだけど

 

 

ママは、お手伝いさんではありません。

 

 

暑いっていっても、涼しくはなりません。

 

 

「どうしたら、涼しくなるかな?」

 

 

って促す。答えは自分で出す!

 

 

お話を聞いてるだけの姿勢だから

 

 

子供が自分で考えて答えを出すように導けるようになるよ。

 

 

最後に。

 

 

ベタベタ甘えんのは、自分の心の欲求がちゃんとわかって

 

 

素直に態度ができる証拠!

 

 

「安心できる場所」がママであること!

 

 

「癒され場所」になっている証拠。

 

 

癒される場所や関係性をつくることができた自分を褒めましょ♪

 

 

甘えてくれる子に育てててきたことは間違ってない!

 

 

私は、このことで悩んでいるママに、「安心してください☆」と伝えたいな。

 

 

 

 

 

 

まとめ

1.子供の存在の!のもの、まるっと全部褒めてあげよう!

 

 

2.子供に「自分は○○したい」と伝えられるように促してあげよう!

 

 

3.子供に見守ってるしるし(お守り)の存在を教えてあげよう!

 

 

4.子供の話は、ママが解決するのではなく受け止める!

 

 

どうかな?あなたにもできそうなこと見つかるといいな。

 

 

私のやってきた子育て方法の告白だったのだけど

 

 

振り返ってみるとよかったな~。

 

 

って思うことだったりしたので、書いてみました。

 

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

心を込めて

さち

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください